ライフスタイルアンケート

< もどる

生活習慣病予防について アンケート実施期間=2022年10月14日〜2022年11月11日 有効回答者数=245名 生活習慣病予防「まぁまぁ関心がある」、生活習慣の改善「できれば実行したい」
生活習慣病意味を含めて知っている49%、言葉は知っている43.3%
とくっち
「生活習慣病」という言葉の認知度については、49%の人が「意味も含めて知っている」と回答。「意味は漠然としているが言葉は知っている」と回答した人も含めて9割以上の認知度でした。

全員に質問です。あなたは「生活習慣病」という言葉をご存知ですか?

line

生活習慣病予防まぁまぁ関心がある56.7%、とても関心がある33.5%
とくっち
生活習慣病予防への興味・関心については「まぁまぁ興味・関心がある」と回答した人が最も多く139人(56.7%)、「とても興味・関心がある」82人(33.5%)と合わせて9割以上の人が生活習慣病予防に関心があると回答しています。

全員に質問です。生活習慣病」とは,「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と定義されますが、あなたは生活習慣病予防に興味・関心はありますか?

line

生活習慣の改善できれば実行したい43.7%、現在実行している40.8%
とくっち

生活習慣病予防のために生活習慣を改善しようと思っているかどうかの質問では、「できれば実行したいと思う」が最も多く107人(43.7%)でした。「現在実行している」と回答した人も100人(40.8%)で、「将来実行しようと思う」25人(10.2%)を含めると、94.7%の人が生活習慣を改善に前向きです。また、どんな生活習慣の改善を実行しているかについては、「バランスの良い食生活」「定期的な運動」「ストレスを溜めない」などが挙げられました。

全員に質問です。あなたは生活習慣病予防のために生活習慣を改善しようと思っていますか?

Q2で「現在実行している」「将来実行しようと思う」「できれば実行したいと思う」と回答した人に質問です。どんな生活習慣の改善を実行していますか?

line

とても怖い病気だと思う脳卒中、心筋梗塞・狭心症、がん
とくっち

過去一年間に洋服の処分を「した」と回答した人は197人(70.9%)、処分方法については「可燃ごみとして処分」が最も多く119人(42.8%)、以下「資源ごみとして廃棄」76人(27.3%)、「古着店・リサイクルショップに販売」29人(10.4%)の順でした。

全員に質問です。以下の生活習慣病についてどのように感じていますか?<高血圧症>

全員に質問です。以下の生活習慣病についてどのように感じていますか?<高脂血症>

全員に質問です。以下の生活習慣病についてどのように感じていますか?<糖尿病>

全員に質問です。以下の生活習慣病についてどのように感じていますか?<肝臓病・脂肪肝>

全員に質問です。以下の生活習慣病についてどのように感じていますか?<がん>

全員に質問です。以下の生活習慣病についてどのように感じていますか?<心筋梗塞・狭心症>

全員に質問です。以下の生活習慣病についてどのように感じていますか?<脳卒中>

全員に質問です。以下の生活習慣病についてどのように感じていますか?<骨粗鬆症>

全員に質問です。以下の生活習慣病についてどのように感じていますか?<歯周病>

全員に質問です。以下の生活習慣病についてどのように感じていますか?<肥満>

line

全員に質問です。あなたは定期的に健康診断を受けていますか?
とくっち
定期的に健康診断を受けているかどうかについての質問では、169人(69.0%)の人が「はい」と回答、「いいえ」76人(31.0%)という結果でした。

全員に質問です。生活習慣病予防を取り巻く社会問題への関心はありますか?

line

「生活習慣病予防について」総評
今回は生活習慣病についての質問でした。
「生活習慣病」という言葉の認知度については9割以上。 生活習慣病の定義を明かし、予防のための生活習慣の改善に94.7%の人が前向きです。 生活習慣病のうち「脳卒中」「心筋梗塞・狭心症」「がん」に対し「とても怖い病気だと思う」という一方で、「適切に治療すれば怖い病気とは思わない」という認識だったのは「肥満」「高脂血症」「高血圧症」。これらは生活習慣の改善として
実行していること(実行すべきこと)に挙げられた「バランスの良い食生活」「定期的な運動」「ストレスを溜めない」などによって改善し、「脳卒中」「心筋梗塞・狭心症」のリスクを減らすということがわかっています。 約7割の人が定期的に健康診断を受けていると回答し、今後も自身の健康状態を見守っていただき、残りの約3割の人も今回のアンケートを機に健診に行ってみてはいかがでしょうか?

< もどる