家計のお悩み相談 梅雨時の洗濯物
6月に入り、いよいよ梅雨の季節になりましたね。
天気の良い日にカラッと乾いた洗濯物は気持ち良いですが、今からの時期は室内干しが避けられません。
カビも気になるこれからの季節。乾燥機や除湿器などを活用して、電気代や憂うつさを少しでも負担を軽く、うまく乾かす方法を考えてみましょう。
室内干しの場所
皆さんは、梅雨時の洗濯物を家のどこに干していますか。
私独自で、洗濯をほぼ毎日されている方々にお聞きしたところでは、室内干しの多い順にお聞きすると、リビングルーム・空き部屋・洗面所・寝室と回答を頂きました。
また、乾かす方法としては、自然乾燥・エアコン・除湿器などと意外とバラバラな回答でした。電気代が気になるけど、うっとうしさがイヤで、毎回、洗濯乾燥機を使う方もおられました。
乾燥方法のメリット・デメリット
◆部屋干し自然乾燥
コストはかからないが、部屋に湿気がこもる。
乾くまでに時間がかかり部屋と洗濯物の匂いが気になる。
◆エアコン
衣類乾燥モードが無い場合、冷房で乾燥させるので室温が下がる。
◆除湿器
室温が少し上がるが、洗濯物に直接風を当てて乾かす。
◆扇風機
除湿機能は無いので湿気は取れないが、電気代は安い。
◆洗濯乾燥機
洗濯から乾燥まで一度に出来るため手間がかからない分、購入費用・電気代が高い。
◆浴室乾燥機
浴室のカビ防止になるが、事前に浴室内の水分をふき取っておかないと余分な電気代がかかることや、乾燥までに比較的時間がかかる。

どの乾燥方法にも一長一短があるようですね。
その中でも、一番回答が多かったのは、扇風機とエアコンの合わせ技が、電気代と時間の節約としてお勧めのようでした。
その他節約方法
エアコンや乾燥機を使う場合は、フィルター掃除をこまめにすることで電気代の節約。
すすぎの回数が少なくて済む洗剤を選ぶことで水道代と電気代の節約。
など、楽しみながら独自に賢い洗濯方法の選択をされていました。