ライフスタイルアンケート

< もどる

第98回「間食」について・1

アンケート実施期間 2013年2月8日〜2013年3月4日 有効回答者数=761名

大半の人が三度の食事とは別に間食をしている。気分転換のきっかけになるけれどカロリー過多も心配

朝昼晩の食事以外にも、どうしても食べたくなるおやつ。9割を超える人が普段間食をしていると回答しています。その中でも毎日間食するという人は56.1%と、半数を超えています。間食をする時間帯はやはり3時のおやつにあたる「昼食〜夕方41.4%」が最多となりました。間食をしたくなるのは「小腹がすいたとき17.4%」「くつろいでいる時10.7%」といったタイミングが多いようです。中でももっとも間食をしたくなるのは「小腹がすいたとき35.6%」でした。間食で食べるものでは「チョコレート・チョコレート菓子18.0%」「スナック菓子13.4%」「ビスケット・クッキー11.3%」「ゼリー・ヨーグルト11.2%」といったものが人気のようです。間食のプラス面では「ストレス軽減」「気分転換」などが、マイナス面では「カロリーが高い」などが挙げられました。

・あなたの性別・年齢・結婚・居住都道県・小学生以下のお子様がいらっしゃる方は、そのお子様の年齢を教えてください。

30代〜40代の女性が回答者の中心

回答者の86.9%が女性で、年齢層では「40から49歳44.0%」「30から39歳28.8%」といった層が中心。既婚率は81.2%で、居住地では「東京都13.1%」「大阪府11.3%」「愛知県8.2%」がトップ3となっています。

回答結果(表)回答結果(表)回答結果(表)

< もどる