ライフスタイルアンケート

< もどる

第87回「睡眠」について・1

アンケート実施期間 2012年3月16日〜2012年4月6日 有効回答者数=774名

ベッド派が過半数を取り、布団派を上回る。
睡眠時間は現状よりも少し長めを希望する傾向アリ。

人生の三分の一は睡眠時間と言われるほど重要な睡眠。寝るときに使用するものでは「布団41.5%」よりも「ベッド57.5%」という人が若干多いという結果になりました。目覚ましに使う物では「携帯電話(スマートフォン含む)55.1%」が過半数を獲得し、定番の「目覚まし時計35.3%」を大きく上回りました。一日当たりの平均睡眠時間が「6-8時間53.3%」「4-6時間36.6%」なのに対して、理想の睡眠時間は「6-8時間65.2%」「8-10時間29.9%」で、現状よりもう少し長い時間眠りたいと思っているようです。安眠のために利用しているグッズでは「寝具(枕)23.1%」「湯たんぽ18.1%」などが人気。快眠のためのこだわりや工夫では「寝室をブルーにする」「寝る前に軽めのスクワットをする」「喉を守るためにマスクをしたまま寝る」といったものが挙げられました。

・あなたの性別・年齢・結婚・居住都道県・小学生以下のお子様がいらっしゃる方は、そのお子様の年齢を教えてください。

9割近くが女性、30代〜40代が中心

回答者の88.7%が女性で、年齢層では「40から49歳40.9%」「30から39歳32.1%」といったところが多いようです。82.1%の人が既婚で、居住地では「東京都13.0%」「大阪府12.3%」「埼玉県8.0%」が上位となりました。

回答結果(表)回答結果(表)回答結果(表)

・布団で寝ていますか?それともベッドで寝ていますか?

ベッドを使うという人の方が多数派

寝るときに布団を使うか、それともベッドを使うかとの問いでは、「布団41.5%」に対して「ベッド57.5%」と、ベッド派の方が過半数を獲得しました。「その他」という回答も1.0%ありました。

回答結果(表)

< もどる