ライフスタイルアンケート

< もどる

第85回「バレンタイン」について・3

アンケート実施期間 2012年1月20日〜2012年2月3日 有効回答者数=665名

・あなたにとってバレンタインデーとは?もっともあてはまるもの1つを選んでください。

お菓子メーカーの戦略という印象が強い

「お菓子メーカーの戦略イベント31.9%」と感じている人が最も多く、続いて「日ごろの感謝を伝える、お世話になっている人にお礼ができる機会17.1%」「夫婦、恋人同士でのイベント12.2%」となっています。

回答結果(表)回答結果(表)

・バレンタインデーの思い出のエピソードがありましたら教えてください!

嬉しさも切なさもいい思い出に

「娘が張り切ってチョコレートケーキを作ったが、我慢できず自分で食べていた」「中学生の頃、好きな先輩に手作りチョコを渡した」「スポンジケーキに砂糖水を塗ったつもりが塩水だった」など様々な思い出が。

バレンタインデーの思い出のエピソード
娘と一緒に板チョコを溶かして作った手作りチョコは、かたくて食べれるものではなかったけど、娘は5人くらいに配ったみたい・・・
娘が手作りチョコレートをプレゼントすると張り切ってすごくおいしそうなチョコレートケーキを作ったのに、我慢できなくなって自分で全部食べてしまった。
毎年主人に朝起きて家のあらゆるところに置いてプレゼントしています。今年はどこにしようかな♪
夫と結婚する前、プレゼントに添えてハート形のホワイトチョコをあげました。バレンタインから何ヶ月も経ってから夫の部屋を訪ねたら一口だけかじったホワイトチョコがありました。チョコレートは好きですがホワイトチョコは嫌いだったようです。結婚して何十年も経った今でも夫はホワイトチョコは食べません。
百貨店で動物の形のチョコ(亀)が可愛いと一目ぼれ、それを買って彼氏に送ったら、そのままの形では可哀想と、火で溶かしてこげた食べられないチョコレートの残骸だけが残った・・・悲しい
当時の彼氏(元夫)に手作りチョコレートケーキを焼きました。スポンジを焼いて砂糖水を塗って、スポンジを重ねて、とした時に、何気に残った砂糖水を舐めてみたら、すごーーーく塩辛い!塩と砂糖と間違えて、たっぷりスポンジに塩水を塗りこめてしまいました。スポンジはかなり上手くふっくら仕上がっていただけに、急いで焼いた次のスポンジは今一でした。
冬になると、友人のご主人が、我が家の分も灯油を買いにクルマを出してくれます。初めてお世話になった年、お礼の意味でバレンタインにチョコを差し上げたら、テンションMAXに喜んでくれました。おまけに、ホワイトデーのお返しは、ご主人直々の見立てで、一流ホテルのデザートバイキング(2名分)でした。あげたチョコは1000円だったのに・・・
中学生の頃、大好きな先輩に手作りチョコを作ったのですが、なかなか渡せず、でも意を決して渡した記憶があります。その人はとても人気のある人で、当然付き合ったりはできなかったのですが、卒業の時に学ランのボタンをもらいました。(もちろん第二ボタンではなかったです)
旦那と付き合う前の時のことですが、バレンタインにチョコと一緒にテレフォンカードそれも、デパートの特別企画の決まった(勿論私の家)電話番号にしか、かからないテレフォンカードを一緒に送りました。そのテレフォンカードが珍しくて電話をくれました。それがなかったら今がないかも。
孫のところに幼稚園のお友達がママに伴われて手作りチョコを届けに来た!孫がどぎまぎしちゃって、ああ、私たちとはぜんぜん感覚が違うのね!大笑いしたことがありました。たかがバレンタイン、されどバレンタイン・・・。孫にことしもチョコが届きますように。
今の主人が彼氏だった頃初めてクッキーを作りました。失敗した堅いクッキーでしたが、とりあえず渡そうと思い、会社帰りに来てもらいました。彼はその時から体調が悪かったのですが、仕事を休めず、お昼も食べずに仕事して、数日後にとうとう会社で倒れてしまいました。でも、私のクッキーだけは何とか食べてくれていたと知り美味しくないクッキーなのに一生懸命食べてくれたことが嬉しかったです。
バレンタインデーに息子にお父さんとお嬢さんがチョコレートを届けに来てくれた。息子が小学生の時の話し。。。そのあとのお返しを何にするか親の私が張り切り、マグカップをチョイス。息子と家に伺ったものの、息子が照れてしまい、ピンポンしない。仕方なく私がチャイムを鳴らすとお父様が登場。お嬢様は留守。息子は影に隠れ、これではまるでわたしがお父様にプレゼントしたみたい・・・。
高校生の時、バレンタインデーに持久走大会があり10km走った後、血豆ができた足をビッコしながらチョコを渡しに行きました。\n持久走大会の話で盛り上がることはできましたが、友達どまりのままでした。
まだ、今の旦那と付き合う前、メル友だった旦那にバレンタインデーの日に何気ないメールを送ろうとしたら、なかなかメールが送れず、意地になって送り続けたらやっと送信できた。後日旦那からあの日携帯が壊れて、データーがすべて消えてしまったんだけど、唯一奇跡的にセンターに私のメールが残っていて、旦那から「一番最初に連絡できたのが君でよかった」って言われた時はすごく嬉しかったです。

< もどる