ライフスタイルアンケート

< もどる

第84回「冷え性」について・3

アンケート実施期間 2011年12月9日〜2012年1月13日 有効回答者数=877名

・冷えを予防するために、体を温めるといわれている食材で積極的に食べているものはなんですか?
・冷えを予防するために、体を冷やすといわれている食材で気をつけている食材はありますか?

冷え性予防に定番の「生姜」「唐辛子」

冷えを予防するために積極的に食べているものでは「生姜」「唐辛子」「キムチ」「ネギ」「根菜類」「にんにく」といった物が挙げられました。体を冷やすので気をつけているものは「なす」「きゅうり」など。

回答結果(表)回答結果(表)

・体の冷え予防の愛用グッズや対策、体が冷えてつらかった体験、冷え予防のコツなど、冷えにまつわるエピソードがあれば教えてください

ストレスも冷え性の原因のひとつ

冷え予防のグッズとしては「くるぶしまで包み込むブーツ型スリッパ」「湯たんぽ」などが人気のようです。冷えてしまって眠れなかったり、頭痛につながったり、しもやけになったりと辛い体験がいくつも挙げられました。

回答結果(表)
冷えにまつわるエピソード
最近、くるぶしまですっぽり包み込むブーツ型のふわもこスリッパを買って使っています。足が温まり効果抜群です。あと、漢方ブティックで扱っている「暖宮茶」にはまっています。紅茶としそと紅花などがブレンドされたお茶なのですがおいしいです。
最近、したまま車の運転やPC操作ができる、指なし手袋を買いました。指が出ているので支障なく使えるし、何より手の甲が温かいのがいいです。
夜寝る時に足先が冷たくて寝れないことがったので、湯たんぽをつかうと身体がほこほこぬくもって、今や手放せないグッズになりました。
タートルネックの服、足首ウォーマーは、常備。それでも寒い時は、首に貼るカイロで、だいぶ違います。足指のしもやけは、毎年悩みの種で、今冬もすでに出来ています。
こどものサッカーの試合観戦で腰回りがめちゃくちゃ冷えて寒かった。持っていたひざかけを腰にまくととても快適だった。見た目はぶさいくだったとおもう・・。
パンツのインにレギンスなどを重ね着する、腹巻をするなどしているが、腹巻は何度か使用するうちに伸びてお腹の下や上で丸まったりゴロゴロするので外出時はあまり着用しない。お買い物中毎回お手洗いに行くので家族に迷惑を掛けている。
ほっとカーペットがすごい良いですね。とくに足が暖まると本当に温かく感じます。それと首の裏です。首まわりを温めると全身が温かく感じます。冷え性にも効く感じがします。
何をしても足が冷たくて困っていた時に読んだ本に「靴下を4枚重ね履きすると良い」と書いてあったので、実践しています。ゴムが重ならないように、長い→短いと靴下の長さを変えてみたりしています(笑)。冬になると4枚重ねを実践してもう3〜4年経ちますが、少し体質も改善されてきたような気もします。
寒冷地にいるせいもあるが外出ときに耳が冷えてとても冷たくなって痛いほどで頭痛につながるので、耳カバーを今年からしています。外出ときは耳カバー 手袋 マフラーとにかく肌の露出を避けてます。顔が丸裸状態で寒く、かおの毛糸マスクとかがあればいいなと本気で思っています。
地道にウォーキングやジム通いを重ねて数年で体温が0.3度あがりました。35.9度→36.2度。大きな変化とはいえませんが、やはり継続は力だなと思います。
風呂からあがると体温が下がらないうちに温かい格好をするといいですよ。意外にもストレスと冷えは密接な関係にあるようですので、ストレスをためないように、そして夜は早めに寝てからだのバイオリズムを整えることも大切だと思います。
肘をあたためると体感温度が違うと聞いたことがあります。冬に行われる駅伝の選手が腕にサポーターをしている感覚と同じです。仕事中は、ほそみのレッグウォーマーを腕につけています。室温が暑いと感じたら簡単にはずせるので、意外と重宝しています。

< もどる