ライフスタイルアンケート

< もどる

第83回「年賀状」について・3

アンケート実施期間 2011年11月11日〜12月9日 有効回答者数=868名

・今年はどのような年賀状(ハガキ)を送る予定ですか?
・年賀状はどのくらい保管しておきますか?

干支のイラストや子供の写真を使う人が多い

今年送る予定の年賀状のタイプでは「お年玉抽選付き年賀状33.1%」「干支のイラスト入りの年賀状18.4%」「子供の写真の年賀状14.6%」が上位に。また、年賀状は「基本的に捨てない41.6%」という人が多いようです。

回答結果(表)回答結果(表)回答結果(表)

・毎年の年賀状のことや、嬉しかった、面白かった、困ってしまった年賀状のエピソードなどを教えてください。

年賀状には様々なエピソードがまつわる

「なかなか会えなくなった友人からの子供の写真入り年賀状が楽しみ」「送った年賀状が当たったらしく、切手シートをいただいた」といった楽しい話もあれば、「差出人不明の年賀状が毎年あって困る」といったものも。

回答結果(表)
年賀状の嬉しかった、面白かったエピソード
新婚旅行で知り合った北から南まで住んでいる場所がバラバラのカップル3組と再会することなく年賀状だけのやりとりが20年ぐらい続いていました。会ったことのない子供たちの成長ぶりやお互いの近況を報告し合った友好関係が年賀状1枚でつながっていたことに感動しています。
みんな結婚してなかなか会えなくなった友人達からの近状の報告を兼ねた子供の写真入年賀状が楽しみです。毎年大きくなっていく子供や家族が増えました年賀状を見ると嬉しかったり、驚いたり。だんだん写真を面倒くさがる子供をなだめて作成していますが、あと何年写真年賀状が送れることでしょう。
わが家に来る年賀状で私あてのものが例年圧倒的に枚数が多い。これは交際範囲(小学、高校、大学、会社、コーラス関係)が広いせいである。主人あての年賀状が年々減りつつあるのと対照的である。また加齢現象を表すものとして、年々手の込んだデザインのものが減りつつある。
家族総出で干支になりきって写っている写真が載っている年賀状が面白く楽しみです。
去年の年賀状は、家族の背比べの写真を作ってみました。子供だけの写真より子供の成長が分かり大好評でした。
私は幼稚園から高校までの担任の先生に、いまだに年賀状を送っています。(総勢7人)校長先生になった先生もいれば、現役を引退された方も・・・私の子供のころを知っているので、自分の子供の写真を年賀状に印刷して送ると、ママにそっくりだねと言われることが多いです。何だか懐かしくて、くすぐったい気持になるので、これからも送り続けたいと思っています。
昔、大学生時代に教授に年賀状を送ったことがあります。そうしたら、とても教授の顔、性格などから想像できないほどの、面白くて派手な年賀状がかえってきました。その年賀状が欲しくて毎年出しました。
短大時代の友人の年賀状は「謹賀新聞」というタイトルで、1年間の家族の出来事を新聞のように書いた年賀状を送ってくれる。毎年楽しみです。
来年は辰年なので、ドラゴンボールキャラの名前をつけた猫達を載せる予定です(3匹)
現在10歳の女の孫がいますが4歳頃から毎年年賀状が届きます。それがユニ−クで可愛くて年賀状が届くのを楽しみになっています。新年早々に孫からパワ−を貰っています。
今年、懐かしの芋ハンで完全手作りの年賀状をいただきました。なんだか嬉しかったです。
職場の人から、「私が送ったお年玉年賀状が当たった」と年明けに会ったときに、切手シートを私にくれました。まさか出した年賀状がこのような形でもどってくるとは。私も見習いたいところです。
年賀状の困ったエピソード
20年程前旅先で知り合ったご年配の方と仲良くなり、住所を教えて欲しいと言われました(当時はメールなんて無いですから、旅先で仲良くなった人に写真を送るからと住所や電話番号を聞いたものです)こちらからは住所を聞かなかったのですが、その後年賀状が届きましたそれがあまりにも達筆すぎて書いてある事も住所も名前さえも読めませんでした県名でその人だという事はわかったのですが、返事が出せませんでした。
どう見ても妹に宛てた内容の年賀状が母から届いた。人を誉める事を知らないと思ってたのに、その内容はめちゃくちゃ妹を誉めちぎってて、引いた。
好きな人に年賀状を送ったら返事がきたが、ヒットラーがかいてあり、ブラックジョークすぎて困った。
もう辞めてもいいかなと思う人から届いて返事を出したから、翌年も来ると思いこちらも書いたら翌年はたぶん私のはがきが届いてから返事を書いたと思われる場合、なんとなく辞めるタイミングがわからなくなるのが困る。
家族写真で、前年と同じ洋服を着て移ってしまったパパとママ。子供たちは毎年大きくなって新しい洋服になるけど、パパとママはそんなに頻繁に洋服買いかえないですよね。
基本的にはがきの年賀状は好きで、一年に一回のことなので、これからも大事にしていきたい。できたら一枚一枚心をこめて書きたいところだが、枚数が多いのでパソコン印刷で一言書くのみになってます。交流のない人とは減らしていこうと思いつつ、年に一回くらい近況報告と思ったら、なかなか減らせない昨今です。
旧姓が「つ」からはじまる名字だったのですが、宛名が「つ」だけで届いた年賀状があります。高校の先輩からだったのですが、ある意味インパクトがありましたね。
長女が幼稚園入園した年に三人(子供、旦那、私)で写真が取れなく、旦那と娘の写真を年賀状にしたら離婚した?と問い合わせが殺到した。(笑)結果数年後離婚しましたが。
送り主として、住所・氏名・メールアドレスを印刷したところ、相手先(友人)のご主人から告白メールが届き、びっくりしました。それまでは家族ぐるみのお付き合いでしたが、気まずくなり、それ以降はメールアドレスは印刷していません。
離婚した私の姉の元ダンナさんとは近所に住んでいるため時々バッタリ会う事も。私の主人や娘とも仲が良かった事もあり年賀状を出し続けていましたが、いつ出すのをやめたら良いか悩んでいます(T . T)
家族の写真つきの年賀状は処分に困ります。捨てるのは悪いような、でもそんなに親しくない関係の人の家族写真は残しておく理由もないし。
差出不明の年賀状が毎年2通以上あります。元日から夫と「誰だろう?」と謎解きに挑戦して、手書きコメント筆跡で判ることもありますが、見当がつかないと『月光仮面さんの年賀状』で保管してます。

< もどる