ライフスタイルアンケート

< もどる

第35回 暖房器具について・1

アンケート実施期間 2007年11月16日〜11月27日 有効回答者数=877名

大半の人がすでに暖房器具を使用中。今後の暖房器具には「省エネルギー」と「高い安全性」が求められている

寒い日も多くなってきたこともあって、全体の80.2%の人がすでに暖房器具を使い始めていると答えました。エアコンなどの温度が設定できる暖房器具では、「21から24度(36.0%)」に設定するという人が多いようです。また、暖房器具を使用する時間帯としては、日が落ちて気温が下がってくる「夜(55.2%)」や一日でもっとも冷え込む「朝(28.3%)」が大半を占めました。もっとも使われている暖房器具は「ホットカーペット(21.4%)」でしたが、「ガスファンヒーター(17.4%)」「石油ストーブ(14.6%)」といったものも票を集めています。その暖房器具を選んだ理由としては「部屋が暖まりやすい(38.5%)」「安全(12.1%)」などが挙げられました。暖房器具への要望でも「部屋全体を暖めてくれるもの」「安全性」「省エネ」というものが目立ちました。

あなたの性別・年齢を教えてください。

回答者は女性が9割、年齢層は30代〜40代中心

今回のアンケート回答者総数は877名で、内訳は女性が801名(91.3%)、男性が76人(8.7%)でした。年齢層は30代(43.4%)がもっとも多く、続いて40代(23.9%)、20代(9.6%)、50代(6.7%)の順となっています。

回答結果(表)

今現在、暖房器具を使い始めてますか?

大半の人がすでに暖房器具を使っている

今現在、暖房器具を使い始めてますか、との問いに対しては、「はい」と答えた人が80.2%、「いいえ」と答えた人が19.8%でした。8割を超える人がすでに暖房器具を使っていると答えています。

回答結果(表)

「温度調節が可能な暖房器具」をお持ちの方、設定温度は何度にされていますか?
暖房器具を一番よく使うシーンは?

設定温度は「21から24度」が主流

「温度調節が可能な暖房器具」での設定温度は「21から24度(36.0%)」がもっとも多くなっています。また、暖房器具を一番よく使うシーンでは、「夜」が55.2%、「朝」が28.3%、「昼」が0.3%でした。

回答結果(表)回答結果(表)

< もどる