ライフスタイルアンケート

< もどる

アンケート実施期間=2017年9月15日〜2017年10月13日有効回答者数=351名「現在喫煙しているのは6%、そのうち半数以上が健康に悪いから禁煙したいと思っている」
7割以上が喫煙経験なし、喫煙に対するイメージは不健康、臭い
とくっち
現在の喫煙の状況については、74.1%の人が喫煙したことがないと回答。現在喫煙している人は6%、過去に喫煙していた人は19.9%でした。喫煙に対するイメージで最も多かったのが「不健康」で、以下「臭い」「百害あって一利なし」「お金の無駄」「迷惑」と続きます。

全員にお聞きします。あなたは現在、喫煙していますか?

全員にお聞きします。喫煙に対してどんなイメージを持っていますか?(複数選択可)

line

特に敷地内禁煙にすべき公共施設は小・中学校、高校、病院
とくっち
公共施設における喫煙については各項目で「敷地内は禁煙にすべき」が最も多く、特に多かった施設は「小・中学校、高校」で78.6%、以下「病院」66.4%、「大学」62.4%でした。

以下の施設における喫煙についてどう思いますか?【官公庁】

以下の施設における喫煙についてどう思いますか?【劇場・映画館などの娯楽施設】

以下の施設における喫煙についてどう思いますか?【レストラン】

以下の施設における喫煙についてどう思いますか?【カフェ・喫茶店】

以下の施設における喫煙についてどう思いますか?【空港・駅】

以下の施設における喫煙についてどう思いますか?【病院】

以下の施設における喫煙についてどう思いますか?【ホテル・旅館】

以下の施設における喫煙についてどう思いますか?【学校(小・中学校、高校)】

以下の施設における喫煙についてどう思いますか?【大学】

line

喫煙者が1日に吸うタバコの本数は10本未満が約半数
とくっち

「現在喫煙している」と回答した人は21名、1日に吸うタバコの本数で最も多かった回答は「5-10本未満」で7名、「1-5本未満」2名と合わせると約半数の人が10本未満と回答しています。

Q1で「現在喫煙している」と回答した人に伺います。1日にどのくらいのタバコを吸いますか?

line

喫煙者の約半数が禁煙経験有り、半数以上が禁煙したいと思っている
とくっち

現在喫煙者21名のうち、禁煙経験の有無の質問については10名が禁煙経験有りと回答。今後の禁煙意向については13名が禁煙したいと回答しています。

禁煙をしたことがありますか?

今後禁煙をしたいと思いますか?

line

喫煙者が禁煙したい理由は健康に悪いから
とくっち

禁煙意向のある13名のうち、禁煙したい理由として最も多かったのが「健康に悪いから」10名、「タバコ代が高いから」9名、「喫煙可能な場所が減っているから」3名、「子供がいるから」2名、「医者に止めるように言われたから」2名でした。

前問で「はい」と答えた方に伺います。禁煙したい理由はなんですか?(複数選択可)

line

禁煙意向のない人が禁煙を考えるタバコ1箱の価格は500円以上1500円未満
とくっち

禁煙意向のない8名のうち、禁煙を考えるタバコ1箱の価格は「500?1000円」3名、「1000-1500円」2名、「いくらになってもやめるつもりはない」と回答した人は3名という結果でした。

前問で「いいえ」と答えた方に伺います。タバコ1箱の価格がいくらになったら禁煙を考えると思いますか?

「喫煙」について
今回は「喫煙」についてのアンケートでした。 これまでに喫煙したことがない人は74.1%、現在喫煙している人は6%、過去に喫煙していた人は19.9%と回答。喫煙に対するイメージは「不健康」「百害あって一利なし」など健康に良くないイメージを持っています。 公共施設における喫煙については各項目で「敷地内は禁煙にすべき」が最も多い結果となったのは非喫煙者が9割以上を占めており、時代の流れとはいえ喫煙者はますます肩身の狭い思いをしそうです。
現喫煙者21名中、約半数である10名が禁煙に失敗しており、禁煙の難しさを物語っています。また、禁煙意向のある13名は、健康面、経済面を理由に挙げています。禁煙意向のない8名でもタバコ1箱の価格が500-1500円となれば、禁煙を考えると回答したことから、タバコの値上げが禁煙を後押しすると言えるでしょう。

< もどる