ライフスタイルアンケート

< もどる

アンケート実施期間:2019年 3月8日〜2019年 4月12日 有効回答者数=310名 スマートフォン保有率73.5%、通信会社「docomo」、端末「Apple」
スマートフォン利用者(ガラケー併用含む)73.5%
とくっち
現在使っている携帯電話端末がスマートフォンかどうかについての質問では、「はい」と回答した人が67.4%、「両方使っている」6.1%と73.5%の人がスマートフォンを使用しています。一方、「いいえ」と回答した人は20.6%、携帯電話自体を使用していない人は5.8%でした。

全員に質問です。あなたが現在お使いの携帯電話はスマートフォンですか?

line

通信会社「docomo」30.3%、「格安SIM(格安スマホ)」
とくっち
メインで使用している通信会社は「docomo」が最も多く30.3%、以下「au」22.3%、「格安SIM(格安スマホ)」21.9%、「softbank」19.7%でした。契約年数は10年以上が最も多く、以下「2年以上4年未満」「1年以上2年未満」「1年未満」と続きます。月額の支払いは「1000円以上2000円未満」と「5000円以上8000円未満」が拮抗しています。

全員に質問です。あなたが現在メインで使用している通信会社はどこですか?

全員に質問です。前問で回答した通信会社は何年ぐらい契約していますか?

全員に質問です。あなたが現在メインで使用している通信会社への支払いは月額どのくらいですか?

line

通信会社満足「はい」41.3%、「いいえ」27.4%、不満の理由「料金が高い」
とくっち

メインで使用している通信会社に満足しているかどうかの質問では「はい」41.3%、「いいえ」27.4%、「どちらでもない」25.5%。「いいえ」と回答した人の不満の理由は「料金が高い」がダントツという結果でした。

全員に質問です。あなたが現在メインで使用している通信会社には満足していますか?

前問で「いいえ」と回答した方に質問です。どんな点に不満を感じていますか?

line

端末「Apple」、選ぶ基準「価格」、使用年数「2年以上3年未満」
とくっち

現在メインで使用している端末のメーカーについての質問では、「Apple」と回答した人が最も多く、次に「その他」、「SHARP」、「SONY」、「Huawei」と続きます。現在の端末を選んだ基準は「価格」が最も多く、以下「使いやすさ」「メーカー」「デザイン」の順でした。使用年数については「2年以上3年未満」が最も多く、僅差で「1年以上2年未満」、次に「5年以上」と回答しました。

携帯電話・スマートフォンをお使いの方に質問です。あなたが現在メインで使用している端末のメーカーはどこですか?

携帯電話・スマートフォンをお使いの方に質問です。現在メインで使用している端末は何を基準に選びましたか?

携帯電話・スマートフォンをお使いの方に質問です。現在メインで使用している端末は何年使用していますか?

line

端末満足「はい」49.9%、「いいえ」18.7%、不満の理由「バッテリーの持ちが悪い」
とくっち

メインで使用している端末に満足しているかどうかの質問では「はい」49.9%、「いいえ」18.7%、「どちらでもない」26.5%。「いいえ」と回答した人の不満の理由は「バッテリーの持ちが悪い」がダントツという結果でした。

携帯電話・スマートフォンをお使いの方に質問です。あなたが現在メインで使用している端末には満足していますか?

前問で「いいえ」と回答した方に質問です。どんな点に不満を感じていますか?

line

携帯電話・スマートフォンですること「通話」「メール送受信」「インターネット」
とくっち

携帯電話・スマートフォンで何をするかの質問に対しては「通話」が最も多く、以下「メール送受信」「インターネット」「写真撮影」「時計・アラーム」「地図」「SNS」と続きます。1日の使用時間については「30分未満」が圧倒的1位という結果でした。

あなたは携帯電話・スマートフォンで何をしていますか?

1日にどのくらいの時間、携帯電話・スマートフォンを使用していますか?

「携帯電話」について
今回は携帯電話に関するアンケートでした。現在73.5%の人がスマートフォンを使用、一般の携帯電話のみ使用している人は20.6%という結果でした。2014年1月に実施した「スマートフォンについて」と比較するとスマートフォンの利用率が倍増しています。メインで使用している通信会社は「docomo」が最も多い結果でしたが、2014年でも「docomo」がリードしていたものの、3キャリアそれぞれでシェアを落とし、代わりに「格安SIM(格安スマホ)」が台頭しています。月額の支払いは「1000円以上2000円未満」と「5000円以上8000円未満」の二極化で、通信会社に不満を持っている人の理由が「料金が高い」ということからも今後ますます通信料金の低価格化が望まれていくでしょう。
一方、端末のメーカーに関しては「Apple」一強で、端末を選ぶ基準が「価格」ということから、その時低価格で買える端末を選んでいるものと思われます。「通話」「メール送受信」「インターネット」はほとんどの人が行っており、1日の使用時間については「30分未満」ということから、いわゆる「スマホ依存」とはほど遠く、うまく生活に活用している様子が伺えます。

< もどる