ライフスタイルアンケート

< もどる

アンケート実施期間=2018年9月14日〜2018年10月12日有効回答者数=288名 東京2020ボランティアに関心がある人は約2割
これまでにボランティア活動をしたことがない」61.1%
とくっち
ボランティア経験の有無についての質問では、「これまでにボランティア活動をしたことがない」と回答した人が最も多く61.1%、「現在ボランティア活動をしている」と回答した人が11.1%、「以前ボランティア活動をしていたが現在はしていない」と回答した人が27.8%という結果でした。

全員にお聞きします。あなたはボランティア活動をしたことがありますか?

line

活動内容「清掃・美化活動」、活動頻度「年数回程度」
とくっち
ボランティア活動経験者に対する質問です。活動内容で最も多かったのが「清掃・美化活動」、以下「子育て支援」、「障がい者(児)支援」、活動頻度は「年数回程度」が最も多く、以下「月数回程度」「週1回程度」と続きます。

Q1で「現在ボランティア活動をしている」「以前ボランティア活動をしていたが現在はしていない」と回答した方に質問です。あなたがしている(していた)主なボランティア活動は何ですか?(複数選択可)

Q1で「現在ボランティア活動をしている」「以前ボランティア活動をしていたが現在はしていない」と回答した方に質問です。どのくらいの頻度で活動していますか(していましたか)?(複数選択可)

line

始めたきっかけ「活動内容に興味があったから」
とくっち

ボランティア活動を始めた主なきっかけについての質問では「活動内容に興味があったから」、活動を通してよかったと思うことは「充実感した時間を過ごすことができた」、ボランティア活動をするうえで、課題となっていることは「仕事や家事との時間調整」と回答した人が最も多い結果でした。

Q1で「現在ボランティア活動をしている」「以前ボランティア活動をしていたが現在はしていない」と回答した方に質問です。ボランティア活動を始めた主なきっかけは何ですか?(複数選択可)

Q1で「現在ボランティア活動をしている」「以前ボランティア活動をしていたが現在はしていない」と回答した方に質問です。ボランティア活動を通してよかったと思うことは何ですか?(複数選択可)

Q1で「現在ボランティア活動をしている」「以ボランティア活動をしていたが現在はしていない」と回答した方に質問です。ボランティア活動をするうえで、課題となっているのはどんなことですか?(複数選択可)

line

今後したいボランティア活動「清掃・美化活動」「子育て支援」
とくっち

今後ボランティア活動に参加したいと回答した人に対する質問で、今後したいボランティア活動は「清掃・美化活動」「子育て支援」。一方、ボランティア活動をしたいと思わない人にその理由を尋ねたところ「ボランティア活動に興味がない」「時間的余裕がない」「人間関係が煩わしい」という結果でした。

Q1で「以前ボランティア活動をしていたが現在はしていない」「これまでにボランティア活動をしたことがない」と回答した方に質問です。今後ボランティア活動をしたいと思いますか?

「はい」と回答した方にお聞きします。あなたが今後参加したいと思うボランティア活動は何ですか?(複数選択可)

Q2で「いいえ」と回答した方に質問です。あなたがボランティア活動をしたいと思わない理由は何ですか?(複数選択可)

line

ボランティアの報酬「交通費の実費+昼食(お弁当)」
とくっち

ボランティア活動に対する報酬についての質問では、「交通費の実費+昼食(お弁当)ぐらいは受けてもよい」と回答した人が最も多く、以下「わからない」「謝礼や報酬を受けるべきではない」「交通費の実費ぐらいは受けてもよい」という結果でした。

全員に質問です。ボランティア活動に対する報酬について、あなたの考えに最も近いのはどれですか?

line

東京2020オリパラボランティア「関心がある」19.8%
とくっち

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のボランティアに関心があると回答した人は全体の19.8%でした。ボランティア応募の意向については「交通費と報酬が支給されれば応募したい」が最多で12.2%、「謝礼や報酬がなくても応募したい」と回答した人は全体の2.8%という結果でした。

全員に質問です。あなたは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のボランティアに関心がありますか?

全員に質問です。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のボランティアに応募したいですか?

「ボランティアについて」について
今回はボランティアについてのアンケートでした。 過去を含め、ボランティア活動の経験者は約4割、活動内容で最も多かったのは「清掃・美化活動」、「子育て支援」、「障がい者(児)支援」、活動頻度は「年数回程度」など身近な困りごとにできる範囲で協力している様子が伺えます。ボランティア活動を始めた主なきっかけは「活動内容に興味があったから」、活動を通してよかったと思うことは「充実した時間を過ごすことができた」と回答しており、活動そのものを楽しんでいるようです。ボランティア活動をしたいと思わない人は「ボランティア活動に興味がない」を除くと、「時間的余裕がない」、
「人間関係が煩わしい」ということが理由のようです。
報酬については、「交通費の実費+昼食(お弁当)ぐらいは受けてもよい」と回答した人が最多。東京2020大会のボランティアへの関心は約2割、「謝礼や報酬がなくても応募したい」と回答した人は2.8%で、交通費や食事、報酬の支給の範囲が拡大するごとに応募意向が増える結果となりました。

< もどる