オフィス八幡・FP尾西千鶴子先生がアドバイス 家計のお悩み相談バックナンバー

< もどる

2009/2/25 更新

お悩みポイント

夫の収入が不安定で生活が不安

夫の収入が不安定で生活が不安です。私もパートに出ていますが、子供が寝た後に働いているので良くて5万くらいしか稼げません。
今後夫の収入がもっと減り手取り20万を切る可能性もあります。貯金が全く無く、年間の支出にも備えないといけないので、少しずつ貯金していますが、このままでは急な出費にも対応できない状態です。
夫がバイトするか、私が子供を預けてもっと働くことも考えていますが、あと節約するとしたらどこを節約したら良いでしょうか?
スカパーは解約することを考えています。車はどうしても2台必要です。

プラス思考ママさん

【お住まい】静岡県
【家族構成】

夫(40)妻(30)長女(2)の3人家族
【住居】賃貸(2DK)
【車】2台保有

プラス思考ママさんの家計簿

毎月の収入(手取り)
check1 200,000円
check1 50,000円
児童手当 10,000円
毎月の収入合計 260,000円
毎月の支出

■固定費

家賃 57,000円
駐車場賃料  0円
水道代 3,500円
光熱費 9,000円
ガス代 9,000円
通信費
・固定電話3000円
・携帯電話9000円
・ブロバイダ3340円
・スカパー3910円
19,250円
保険料
・生命保険(夫)11,675円
・県民共済(妻)2,000円
・がん保険(夫)770円
14,445円

■流動費

食費 30,000円
外食費 0円
医療費 3,000円
交通費 0円
ガソリン代 10,000円
雑費 3,000円
小遣い(夫)
昼食代を含む
30,000円
小遣い(妻) 0円
育児・教育費 4,000円
ローン 0円
自動車保険 12,510円
その他 0円

■その他

毎月の預貯金 10,000円
毎月の支出合計
毎月の収支 黒字
214,205円
45,795円
年間の収入(手取り)
150,000円
0円
その他 0円
年間の収入合計 150,000円
年間の支出
レジャー費 10,000円
交際費 30,000円
衣料費 10,000円
家具・電化製品 0円
保険料(年払い)
0円
税金
78,000円
ローン 0円
年間の支出合計 128,000円
貯蓄
普通預金 118,000円
定期預金 0円
その他 0円
貯蓄合計 118,000円

FP尾西先生からのアドバイス

簡単には引き出せない金融商品を選ぶなどの工夫を。

夫の収入が安定しないことで、将来への貯蓄の不安がぬぐえませんね。現在の貯蓄も10万円強と心もとない金額です。
今の家計状況の中で節約は精一杯頑張られている様子が伺えます。 ただし携帯TEL費は契約内容を再度点検。今の半分の金額でも対応できないのか使用頻度も厳しく引き締められるはずです。
確実に貯蓄できる方法として、先取り預金を毎月4万円、児童手当を将来の教育費準備として別途通帳を別にしておくなど コツコツ預金がポイントです。また、預け先も普通預金は避け、簡単には引き出せない金融商品を選ぶなど積み立ての工夫とクセを身につけましょう。

夫婦それぞれの毎月の収入「補う努力が大切」

長い人生の途中では、収入が安定しない時や 収入以上に支出がかさむ時があります。 今は、お子さんを寝かせてからの妻の収入が 世帯所得を支えていますね。
今後 夫の所得が減った時は夫も所得を上げる為に別の仕事を探すなど夫婦での協力で乗り越えられる覚悟をお持ちです。 その覚悟で、ひとまず20万円の貯蓄確保をした後は 年間貯蓄額の目標を具体的に立てるなどお互いが生活費や育児を補えるようにカバーし合いましょう。 せっかくの家計簿記帳ですので、貯蓄が増える楽しみを体験したいですね。

今回の豆知識

円高の今 お金を動かすorじっとしている?(その2)

前回、円高利用で海外旅行や海外ショッピングを楽しみましょうと書いたところ、消費ではなく貯蓄の話題が欲しいとご依頼がありました。
そこで円高と言えば、外貨商品の購入でしょうか。最近円安に多少ぶれつつも まだまだ外貨投資のタイミングだとご判断される方は、銀行・証券・生命保険などをのぞいて見ましょう。
外債や外貨MMF・外貨建個人年金など円に比べて 利回りの高さが魅力ですね。ご自分の性格を見ながら、国別でのカントリーリスク分散、満期日の設定や受け取り方法・税金の確認 為替手数料など、プロのアドバイスを参考に 確認しておきます。

今回の豆知識

バックナンバー一覧へ >