オフィス八幡・FP尾西千鶴子先生がアドバイス 家計のお悩み相談バックナンバー

< もどる

お悩みポイント  もっと節約して貯金を増やしたい

毎月赤字で貯金も崩している状態!
どうすればよいですか?

毎月4万円を定期預金していますが、そのうちの2万円は子供用の預金です。ボーナス月は上乗せの定期預金をしていますが、年40万円ペースでしか貯まりません。もう少し貯蓄のペースを上げたいのですが、毎月赤字も出てしまい普通貯金を少しずつ崩している状態です。毎月の支出で、どこを削れば良いでしょうか?

まんまるさん

【お住まい】東京都
【家族構成】
夫(27)妻(26)長男(1)の3人家族
【住居】賃貸(2LDK)
【車】1台保有

まんまるさんの家計簿

毎月の収入(手取り)
286,000円
0円
その他 0円
毎月の収入合計 286,000円
毎月の支出

■固定費

家賃 100,000円
駐車場賃料 0円
水道代 5,000円
光熱費 6,000円
ガス代 0円
通信費 23,000円
保険料 3,000円
教育費 15,000円
その他 0円
その他 0円
その他 0円
0円
児童手当 0円

■流動費

食費(外食含まず) 35,000円
外食費 0円
医療費 0円
交通費check1 25,000円
ガソリン代check1 6,000円
小遣い(夫) 15,000円
小遣い(妻) 0円
子ども費 0円
雑費 10,000円
レジャー費 10,000円
その他 0円

■その他

毎月の預貯金 40,000円
ローン 0円
その他 0円
その他 0円
その他 0円
毎月の支出合計
毎月の収支 赤字
293,000円
-7,000円
年間の収入(手取り)
夫(ボーナス) 600,000円
妻(ボーナス) 0円
児童手当 10,000円
毎月の収入合計 610,000円
年間の支出
レジャー費 30,000円
交際費 70,000円
衣料費 30,000円
家具・電化製品 0円
保険料(年払い) 210,000円
税金 0円
ローン 0円
その他 0円
年間の支出合計 340,000円
貯蓄
普通預金 550,000円
定期預金 750,000円
ローン 0円
その他 300,000円
貯蓄合計 1,600,000円

FP尾西先生からのアドバイス

子供がいくつまでに、いくら積み立てをしたいのかを明確にする

毎月預金の4万円は、先取り預金をしているのでしょうか。その為に、赤字の補填を普通預金から切り崩しているのですね。貯蓄ペースを上げる事をご希望ですが、今回の解決方法は、何の目的で、何時ごろまでにいくら必要かを明確にすることで、楽々クリアできると思います。たとえば、子供用に毎月2万円の貯蓄、とありますが、子供の何歳までにいくら積み立てをしたいのかを明確にする。残り2万円のうち、1万円は緊急資金用として、毎月生活費の3ヶ月相当額までの積み立て用として準備する、などです。目的資金と必要時期を計算できれば、後は逆算で毎月の目標額が見えて来ます。甘えた家計簿に渇を入れましょう。

交通費とガソリン代「どう、分けているのか」

交通費が、家計簿に占める割合が多く、ガソリン代は控えめです。あまり利用しない自動車の必要性を検討しましょう。自動車保有による、任意保険や税金、駐車場と年間の経費を考えれば、交通機関の利用でも可能かどうか、不便でも貯蓄を優先させるのかどうか、もう一度、使用頻度と必要性の比較をしましょう。

今回の豆知識

教育費の積み立て

学資預金用に、債券購入を選択の一つに組み入れてはいかがでしょうか。国債や外債などと、商品の種類はありますが、今回は長期運用を考えて、手数料や利回りの面でメリットが期待できる、外貨建て債券の購入を今回は見てみましょう。最大の魅力は、国内商品よりも高い利回りですが、償還時まで保有することで額面価格は戻る代わりに、途中売却をするとマイナスの恐れもあります。したがって満期時の設定は自分にあった期間を選びます。為替リスクを理解しながら、利回りの魅力を享受するためには、格付けを参考にしっかりとした商品説明を受けましょう。

今回の豆知識

バックナンバー一覧へ >