家計のお悩み相談 断捨離でスマート生活
平日のランチタイム。食事も終わり、レジで精算をするのに並んでいると、列前の女性がいきなりバックを床に置き、財布を探している模様。探し出した財布からはお札と一緒にレシートのような紙がパラパラと落ち、横にいた同僚らしい女性が代わりに支払おうとすると、「ココは私が!」とあたふたされている光景。たまに見かけませんか?
パンパンに膨れた財布、いつも何かを探しているバックの中。 人は、探し物に一日10分以上を費やすと聞いたことがありますが、1ヶ月では300分。
「Time is money」・・・時は金なり。探し物に費やす時間は、なんとも無駄な時間ですね。
中身を整理
財布やバックの中身は、小さなスペースにも関わらず、ゴチャゴチャになりがちですね。 まずは、テーブル上に中身を全部出します。一度使ったハンカチがバックの底で、そのままになっていませんか。行かなくなったお店のポイントカードが、財布の中に入っていませんか。 洋服や家具など衣替え時期に合わせ、財布やバックも中身の整理をしましょう。
財布の断捨離
キャッシュカードは、2枚以上は不要。現金は、一週間分を使う程度を入れておきます。ポイントカードは、そもそもの還元率を考えて、その日の行動で必要かどうかを判断します。その他のポイントカードは使用頻度を検討して処分したり、カードケースに保管するなどして整理しましょう。レシートは、家計管理ツールとして、一旦別の場所で保管をしておき、一定期間経過して買い物の返品などの必要が無いと判断したら破棄するなど、自身でルールを決めて処分するようにしましょう。
バックの断捨離
大きく開いたバックの中身。仕切りも無く、イヤホンコードとボールペンなどが絡まって落ちそうになっていませんか。
バックインバックなどの仕切りが付いた入れ物を活用することで、急いでいても必要なものをすぐに取り出せるという工夫ができます。財布やスマホや鍵などが定位置にあるため、探す手間が省けて慌てなくて済みますね。バックを変える時も、バックインバックをそのまま入れ替えるだけで良いので便利です。

バックや財布の中身は、いわば自身の家計管理能力のようなモノ。整理が苦手な人はお金管理も意識が低く、おおざっぱになりがちです。
身近な財布やバックをすっきり整理整頓することで、探し物のための無駄な時間を減らし、無駄な出費を抑え、スマートな生活を手に入れませんか。