家計のお悩み相談 自然災害への準備
近年、異常気象による風水害や大規模な地震が増えています。
損害保険会社の保険金支払い実績での、平均支払額ランキングでは、火災に続き、水災・風災などの自然災害や、水漏れなどの日常事故も上位に入っています。
住まいの被害で家計を圧迫しないためにも、火災保険・地震保険など幅広い補償を準備しておきましょう。
被災者生活再建支援法
被災者生活再建支援法とは大規模な地震や災害で被災された方を支援することを目的とした国の法律です。

[支援対象]
10世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村、100世帯以上の住宅全壊被害が発生した都道府県など、自然災害による大規模被害が対象です。

[支援金]
全壊・解体・長期避難などにそれぞれ、100万円ずつ。
建設購入・補修などに加算があります。
世帯人数や、被害状況で異なりますので、お住まいの自治体に確認が必要です。
水災・地震への補償
火災保険のオプションで、洪水や高潮など床上浸水に備えます。高台や、マンションでも5階未満などにお住まいの方は加入をお勧めします。 また、火災保険だけでは地震・噴火またはこれらにより発生した津波による損害は補償されないので地震保険への加入が必要です。地震保険は単独加入出来ません。火災保険とセット加入となります。
ただし、地震保険金の上限は火災保険金額の半額までが最高金額です。たとえば火災保険が2000万円の場合、地震保険は1000万円が上限です。

自然災害は、いつ・どのように私たちの生活を脅かすのか予測不能です。想定外の最悪の事態から生活を守り、被災=家計破綻とならないためにも、事前準備は必要です。
加入の際には、「建物補償・家財補償」・「満期金の有り・無し」やその他オプションなど確認しましょう。