家計のお悩み相談 いよいよ始まる電力の自由化
これまで家庭や事業所などの電気は大手電力会社でそれぞれの地域をカバーしてきました。言わば、地域独占企業状態でした。(現在は一般の需要者に、北海道電力〜沖縄電力まで大手10社で電力を供給しています)
しかし、今年4月からは一般家庭でも現在の電力会社以外からも電気を買う事が可能になります。
エネルギーは選ぶ時代になる
電気の小売り事業に異業種の会社が参入可能になることで、経済産業省への登録会社が続々と申請しているようです。
小売会社を分類してみると、
A企業・・・ガスと電気でのセット割引
B企業・・・携帯電話と電気のセット割引
C企業・・・ガソリンと電気のセット割引
D企業・・・電気料金でポイント付与
など、様々なプランが出てきそうです。
電気料金
実際には電気料金が安くなるのかどうかは現時点では何とも言えませんし、小売会社によっては企業への供給止まりで、一般家庭への供給はしばらく様子見状態もあるようです。
セット割引の料金体制が複雑化することで、結局安くなっているのかどうかが分からなくなるという事態も出てくるかもしれません。 自分にとって“お得なプラン”を選ぶためには、現在の電気やガスなどの光熱費、携帯料金形態などの、使用時間や時間帯などを事前に把握しておきましょう。

契約先を変更する場合は、新規に契約したい事業所に確認をします。マンションなどで一括契約している場合は組合に確認します。賃貸住宅などの場合は家主に相談します。
また、契約先の事業者が倒産した場合でも電気がストップすることはありません。代わりに供給する体制が整っているからです。
切替えを検討される場合は、「料金メニューの分かり易さ」を重要ポイントにしてはいかがでしょうか。