家計のお悩み相談 「ジュニアNISAの開始」
今年の相続税法改正によって、相続税の軽減対策として生前贈与への関心が高まっています。高齢者が所有している金融資産を生前中にお子さんやお孫さんにシフトさせ、若年層に投資を広め、株式や投資信託などへの投資を通じて長期投資へ促すことで、経済活性が期待できます。
また、平成28年1月より未成年者のNISA口座開設が可能となります。お子さんや、お孫さんの長期にわたる資産形成の選択肢が広がりました。新しく始まるジュニアNISAについて今一度確認してみましょう。
ジュニアNISAについて
ジュニアNISA(少額投資非課税制度)とは、子どもの将来に向けた資産運用のための制度です。
日本在住の0〜19歳の未成年者が口座開設できます。(親権者等が代理で資産運用を行うことができますが、原則として18歳までは払い出しを行いません。仮に払い出した場合は過去の利益に対して課税されます。)
一人一口座での開設となります。
口座開設後の金融機関の変更は出来ません。
投資の上限額は毎年80万円まで。5年間で最大400万円まで可能です。
非課税は投資した年から最長5年間。
投資額からの収益(売却益・配当金等)は非課税となりますが、損失が発生した場合損益通算や損失の繰り越し控除は出来ません。
金融商品や各種サービスは、金融機関で異なります。
20歳以降は自動的にNISA口座を開設できます。

【投資可能期間】
平成28年4月〜平成35年まで
35年末以降は、当初の非課税期間(5年間)の満了を迎えても一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税で保有できます。

ジュニアNISAは、小さなころから投資について考えるキッカケにはなるかもしれません。しかし相続税の暦年贈与の非課税枠は110万円と変わっていません。相続税の節税を兼ねた生前贈与とジュニアNISA口座をセットで考えることが大切ではないでしょうか。