家計のお悩み相談 相続税・贈与税改正に伴う、相続・葬儀のお話
2015年は、相続税制が大幅に変わる年です。基礎控除額は4割の縮小で親世代の知識もますます重要になりました。
よく、「備えあれば憂いなし」と言われます。 普段から準備をしておけば、緊急時に慌てることはないことの ことわざですね。 年末年始に 親子のつながりを確認できた家族が多いと思います。 事前に準備ができることのひとつに、親が元気なうちに家族として話をしておきたいことが、相続や葬儀の話です。何をどのように確認をするのか。親・子それぞれの立場で話の切り出し方は難しいものです。 税制改正をきっかけに、親子で近況を確認しながら、円満な家族の信頼を築く 年の初めにしてはいかがでしょうか。
まずは、親の財産を確認します。
「現金」「預貯金」「不動産」「株」「投資信託」「生命保険」などが一般的ですが、中には「借金」があるのかどうかも大事ですね。
財産はプラスよりマイナスが多ければ、相続放棄の選択もできます。 遺産総額を確認したら、基礎控除額と照らし合わせます。
話のきっかけ
親世代から話を切り出してくれれば、話は順調に進むケースが多いようです。しかし、子世代からの話のキッカケはいくつかの注意点を確認しましょう。
「マイホーム」では、日常生活で不便はないのかなど、リフォームや2世帯住宅の意志を確認します。
「相続人」を確定するには戸籍をたどることができますが、まずは離婚歴などを家族間で確認をします。
「遺言」は、親の希望を実現するためです。一般的に相続は遺言に沿って相続人が遺産分割を行います。相続人同士で話し合うことも無く、手続きもスムーズです。親の意志を尊重しつつ生前贈与と合わせて、財産を残します。しかし、生前贈与は、財産を減らす手法としては節税メリットがありますが、生前贈与のしすぎで親が長生きをしたり病気による治療費で生活が困ることのないように注意が必要です。
「葬儀」では、葬儀会社に一任する方法や、家族葬で費用をかけずに、また直葬で通夜や告別式をしないなど、多様化しつつあります。
いずれも、親世代・子世代で考え方は異なります。相続トラブルを避けるためにも、日頃のコミュニケーションが必要ですね。