家計のお悩み相談 日本の伝統料理「おせち」
年末が近づくと気持ちは慌ただしく、忘年会や大掃除と、終日することが沢山。大掃除が終われば、しめ飾りや、お供え餅と続き、ようやく一家全員で年末を送るご家庭が多いのではないでしょうか。
おせち料理の準備も年末の慌ただしさの中、同時進行で行います。 最近は、デパートや通販・料亭などで購入されたり、外食やレトルト食品で済まされるご家庭もありますが、今回はあらためて「日本の伝統料理 おせち」について考えてみました。

土地柄で、多少言い伝えの違いはありますが、本来「おせち」は神様にお供えをする料理の事と言われています。
新年に神様を迎えている間は、物音をたてたり、台所での煮炊きを控えるという言い伝えとともに、正月三が日は、女性が料理をしないでも良いように作り置きをしておく、とも言われています。
代表的な料理と、その料理にまつわる意味を見てみましょう。
【黒豆】…「まめまめしく働く」、と「まめ(健康)に過ごす」など、健康や丈夫を願います。
【鯛】…「めでたい」とも呼び、恵比須様が抱えていることからも縁起が良いことをとされています。
【紅白なます】紅はめでたさ、白は神聖さを表す色として、お祝いの水引から由来されているようです。
【れんこん】穴が沢山開いていますね。先の見通しが良い、先見の明がある等、立身出世を願います。
【栗きんとん】黄金色は財宝にたとえ、豊かさを願います。
【数の子】にしんは、たくさんの子供を産むことから、子宝・子孫繁栄を願います。
【昆布巻き】こぶを「よろこんぶ」と呼び、「ひろめ」の別名から、世の中に名を広めることを願います。
【海老】…ゆでたり、焼いたりすると、海老の背が曲がる事から、腰が曲がるまで長生きできることを願います。

以上、末広がりに8つの料理を見てみましたが、これ以外にもたくさんの食材に言い伝えや願いが込められています。 ご家族や、友人同士で話すネタにされてはいかがでしょうか。
一年の始まりに頂く「おせち」は、料理のひとつひとつにご家族への思いや、子孫繁栄などの願いが込められているのですね。