家計のお悩み相談 エコライフ「水耕栽培」
この夏は酷暑のおかげで野菜の生育が悪く値段が高騰していました。
自然だから仕方ない、とは思いながらも自分でできることは無いのか考えてみました。
簡単にできる「野菜の水耕栽培」は、土も農薬も使わない安心・安全だとお聞きしてさっそく調べてみました
水耕栽培の魅力
毎日の水やり不要
土を使わないので、病虫害がなく農薬不要
一年中、安定して生産や収穫が可能
取れたての野菜が食べられる
などです。


水耕栽培の野菜たち
ミニトマト・バジル・レタスなどやカイワレ大根・リーフレタス・アサツキ・パセリなど手元でさっと収穫出来て彩りにも鮮やかな緑や赤色野菜はクッキングの強い味方ですね。
キュウリ・なす・メロンやイチゴなど土の中で育つ野菜以外でしたらほとんどの植物を栽培することが出来るようです。
準備するもの
水耕栽培用のシステムケースを購入して長い目でコストペイをされる場合や、
使い終わったペットボトルの2リットルサイズを器に利用したりと、
準備する材料や必要なお金は様々です。
自分で育てる楽しみや、新鮮・とれたての野菜が食卓にのぼるわけですから、究極の地産地祥と言えます。
土や大量の水を使わないためクリーンで、栄養価の高い野菜を食べることで体にも安全な水耕栽培は、エコなライフスタイルのひとつですね。
園芸店では季節の野菜や育て方などを教えてくれます。