家計のお悩み相談 お役立ち豆知識「火災保険について」
台風シーズン到来!この時期に 「火災保険」を見直しましょう。
「火災保険」とは、建物や家財等の財産が、火災や台風などの災害で損害を被った場合、復旧の為の費用をお支払する保険です。
保険の対象を決める
建物(一戸建て・分譲マンション)を所有されている方は「建物と家財」「建物」「家財」のいずれかより選択します
。「建物」のみを選択された場合、家財の損害は補償されません。
また、賃貸にお住まいの方は「建物」については家主が火災保険に加入するため「家財」のみの保険加入となります。
火災保険の補償範囲と特約を決める
保険会社によっては、プラン内容で補償範囲が変わります。
どのような補償が可能か確認が必要です。
また、特約は「賠償保険」「修理費用」「借家人賠償責任」など必要な特約を付加することで補償の充実が出来ます。
保険金額を決める
事故が発生した場合、保険会社が支払う保険金の限度額となります。
時価額…同等の物を新たに建設や購入するために必要な金額から、 経過年数や使用による消耗分を引いた金額。
再調達価格(新価額) …同等の物を新たに建設や購入するために必要な金額
補償期間と払込み方法を決める
保険期間は1年毎の更新が一般的ですが、長期契約になるほど保険料の割安となります。
また、「一括払」「分割払」が選べます。
地震保険に加入する
地震保険は、火災保険では補償されない地震や噴火・津波などを原因とした損害を補償します。
火災保険だけでは、地震による火災や家屋の倒壊は補償されません。
「失火法」を知っておく
火災の場合、不注意による失火が原因で隣家に損害を与えた場合、賠償責任を負わなくても良いという法律があります。
つまり、隣家の不注意で自分の家や家財に被害が発生しても相手に対して責任を問えません。
自己防衛としても、火災保険のご加入・補償内容確認をお勧めします。